Windows10で画面がオフにならないようにする方法

画面をオフにする

この記事では、Windows 10、Windows 11、またはそれ以前のバージョンで画面がオフにならないようにする方法について説明します。

さらに、ネットワークに接続されていないときのバッテリー消費を最小限に抑えるようにラップトップを構成することもできます。

Windows10で画面がオフになるのはなぜですか

macOS、iOS、AndroidなどのWindowsには、電力消費量の削減を目的とした多くの機能が含まれています。 本来、これらのオペレーティングシステムは、ほとんどのユーザーのニーズを満たすデフォルトのオプションで構成されています。

この記事では、Windows内で使用できるオプションに焦点を当てるつもりはありません。 ただし、最初に、操作オプションはラップトップコンピューターかデスクトップコンピューターかによって異なることを知っておく必要があります。

ラップトップにはXNUMXつの電源設定があり、バッテリーで実行されているかプラグインされているかを切り替えますが、デスクトップではXNUMXつのオプションしか使用できません。

画面をオフにする
関連記事
これらのアプリで不要な視線を避けて、画面をすばやくオフにします

Windowsで有効にした電源プランに関係なく、静止画像が画面に表示されている限り、画面をオフにするために設定された時間が経過すると、システムは自動的に画面をオフにします。

アプリケーションまたはストリーミングプラットフォーム(YouTube、Netflix、HBO ...)を介してビデオを視聴している場合、コンピューターの画面がオフになることはありません。

画面がオフにならないようにする方法

画面をオフにしないでください

ラップトップのバッテリーを使用しているかどうか、電気ネットワークに接続されているか、デスクトップコンピューターであるかによって、画面がオフにならないようにするために実行する必要のある手順は異なります。

バッテリー付きのラップトップを使用している場合

Windowsは、デフォルトで、ラップトップがバッテリー電源を使用しているときに、5分後に画面がオフになるように設定されています。

最後に操作してから画面がオフになるまでの時間をオフにしたり変更したりしたくない場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Windowsキー+iショートカットを使用してWindows設定にアクセスします。
  • 次に、[システム]をクリックします。
  • システム内で、[開始/シャットダウン]をクリックしてスリープします。
  • 右の列のセクション 画面、名前の付いたドロップダウンボックスをクリックします バッテリーの場合は、後で電源を切ります 必要なオプションを選択します。

接続されたラップトップまたはデスクトップコンピューターを使用している場合

電気ネットワークまたはデスクトップコンピュータに接続されたラップトップの場合(後者の場合、バッテリーが組み込まれていないため、前のオプションは表示されません)、システムは、15分が経過した後に画面をオフにするように構成されています。前回それと対話しました。

その時間を変更するには、延長、短縮、または直接オフにならないようにするために、以下に示す手順を実行する必要があります。

  • Windowsキー+iショートカットを使用してWindows設定にアクセスします。
  • 次に、[システム]をクリックします。
  • システム内で、[開始/シャットダウン]をクリックしてスリープします。
  • 右の列のセクション 画面、名前の付いたドロップダウンボックスをクリックします プラグを差し込んだら、後でプラグを抜いてください 必要なオプションを選択します。

コンピュータの電源が自動的に切れないようにする方法

自動的にオフにしないでください

ラップトップまたはデスクトップコンピュータの画面が自動的にオフになったら。

コンピューターがまだ実行されているが、誰もコンピューターと対話していない場合、Windowsの次のステップはコンピューターをシャットダウンすることです。

まあ、実際には、それはそれをオフにしません、私は眠り続けます。 コンピュータがスリープ状態になると、完全に一時停止します。

キーボードに触れるか、マウスを動かすだけで、コンピューターが起動し、離れた場所の画面が表示されます。

このように、ドキュメントをコンピュータの途中に置いたまま保存していない場合は、中断したところから再開できます。

バッテリー駆動のラップトップでコンピューターがシャットダウンしないようにする

Windowsは、バッテリー電源を使用している15分後に、その時間内にコンピューターと対話しない限り、コンピューターが自動的にスリープするようにコンピューターを自動的に設定します。

その時間を延長または短縮する場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Windowsキー+iショートカットを使用してWindows設定にアクセスします。
  • 次に、[システム]をクリックします。
  • システム内で、[開始/シャットダウン]をクリックしてスリープします。
  • 右の列のセクション サスペンダー、名前の付いたドロップダウンボックスをクリックします バッテリーを使用すると、機器はその後中断されます 必要なオプションを選択します。

接続されたラップトップまたはデスクトップでコンピューターがシャットダウンしないようにする

ネットワークに接続されたラップトップまたはデスクトップコンピューターを30分間操作しないと、コンピューターは自動的にスリープ状態になります。

オフにしたり、時間を延長したり、短縮したりしたくない場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Windowsキー+iショートカットを使用してWindows設定にアクセスします。
  • 次に、[システム]をクリックします。
  • システム内で、[開始/シャットダウン]をクリックしてスリープします。
  • 右の列のセクション 一時解雇する、 名前の付いたドロップダウンボックスをクリックします プラグを差し込むと、コンピュータはその後スリープ状態になります 必要なオプションを選択します。

コンピュータを一時停止することは、コンピュータの電源を切ることと同じではありません。 前述したように、機器を一時停止すると、機器の動作が一時停止し、すぐに再開できます。 だが オフにすると、システムは最初から読み込まれ、使用するアプリケーションを開く必要があります。

ノートパソコンのバッテリーを節約する方法

Windowsには、ラップトップに自動バッテリー管理システムが含まれています。 機器が電気ネットワークに接続されている場合、デスクトップコンピュータのように、それを最大限に活用することができます。

ただし、コンピューターのバッテリーを使用している場合、Windowsはコンピューターのパフォーマンスを自動的に低下させます。

パフォーマンスを同じに保ちたい場合は、タスクバーの右側にあるバッテリーアイコンをクリックして、バーを右にスライドさせる必要があります。 これにより、バッテリーの寿命が短くなります。

ただし、左に動かすとバッテリー寿命が優先されます。 コンピューターの速度が低下し、アプリを開くのに時間がかかりますが、バッテリーの寿命は長くなります。

また、画面はラップトップで最も消費されるコンポーネントのXNUMXつであるため、バッテリーの寿命を優先することにより、輝度レベルが低下します。

さらに、上で説明したように、画面がオフになってスリープ状態になるまでの待機時間を最小限に抑える必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。