キーボードショートカットを備えたFileZillaを使用して時間を節約する

FileZillaを

FTPを使用してリモートサーバー上のファイルを管理する場合、 最も使用されているソリューションのXNUMXつはFileZillaです、このプロトコルを使用するファイルブラウザで、クライアントコンピュータと宛先サーバー間の関連する接続と同期を容易にします。

この場合、FileZillaはかなり視覚的なインターフェイスを備えており、マウスを使用して実質的にすべてのアクションを実行できます。 ただし、特定の機会に急いでいる場合 組み込まれているキーボードショートカットを使用する方が速い場合がありますこのように、各タスクを参照するアイコンを見つけたり、メニューバーを使用したりする必要がないため、実行するタスクによってはかなりの時間を節約できます。

FileZillaが持っているすべてのキーボードショートカットを知っている

すでに述べたように、この場合 FileZillaクライアントのキーボードショートカットは非常に便利です、対応するアイコンを使用せずにほとんどのアクションを実行できるためです。 したがって、コンピュータのキーボードのみを使用して、時間を無駄にすることなく、再接続、更新、ディレクトリの作成などを行うことができます。

具体的には、 FileZillaには次のキーボードショートカットがあります デフォルト:

キーボードショートカット 機能
F2 選択したファイルの名前を変更します
F3 リモートファイルを探す
F5 ローカルおよびリモートのファイルとフォルダーのビューを更新します
タブ 次のビューに切り替えます
Alt +下矢印 現在選択されているアイテムを他のパネルの同じ名前のアイテムに転送します
Alt +上矢印 ツリービューでXNUMX行上に移動し(上矢印と同じ)、ファイルビューで親フォルダーに移動します
Ctrl + B ブックマークを追加
Ctrl+Shift+B ブックマークを管理する
Ctrlキー+ C 現在の操作を停止します
Ctrlキー+ D サーバーから切断します
Ctrlキー+ E 現在編集中のファイルを表示する
Ctrl + I ディレクトリリストフィルター
CTRL + M 手動転送
Ctrl + Shift + N 新しいディレクトリを作成します
Ctrl + O ディレクトリ比較を有効にする
Ctrl + P プロセスキュー
Ctrl + Q 出口
Ctrl + R サーバーに再接続します
Ctrl + Sキー サイトマネージャーを開きます
Ctrl + Tキー 新しいタブを開く
Ctrl + U 転送されたファイルのタイムスタンプを保持する
Ctrlキー+ Y 同期ナビゲーションの切り替え
Ctrlキー+ W タブを閉じる
入力する 現在選択されているアイテムがファイルの場合は転送し、ディレクトリの場合は展開します
Ctrl + Pg アップ / Pg ダウン 次/前のタブに切り替えます
上矢印 現在のビューでアイテムを上に移動します
下矢印 現在のビューでアイテムを下に移動します
左矢印 ファイルビューに何もない場合は、ツリービューでXNUMXレベル上に移動します
右矢印 ツリービューでXNUMXレベル下に移動します。サブフォルダーがある場合は、何もありません。 XNUMX回押すと、折りたたまれたノードが展開されます。 もう一度押すと彼は下がります。
FTPによるファイル転送
関連記事
Windows10用のXNUMXつの最高のFTPクライアント

このように、表に記載されているアクションのいずれかを実行する場合は、次のことができます。 キーボードのみを使用して、はるかに高速にアクセスできます あなたのコンピューターから


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。